先輩たちの成功体験談

趣味の合う先生と出会えて、楽しく努力することができた!

中学生

ひろきくん(当時中学3年生)

Q1

ファミリーを始めてからの変化は?

もともと塾に通っていたけど成績が伸びず、ファミリーを始めました、塾とは違って僕に合わせた宿題を出してくれて、一人で勉強する時間が増えたことで、自然と勉強する習慣が身についていったと思います。
先生とはサッカーの話がたくさんできたり趣味が合って、勉強以外のことを話せることも楽しかったです。先生に教わるようになって、周りから話し方が丁寧になったと言われるようになりました。

Q2

志望校合格のために努力・工夫したことは?

とにかく勉強する量を増やしたことと、演習問題を繰り返し何度も解いて、同じミスをしないようにしたことです。
集中力が切れた時は、音楽を聴いたりお菓子を食べてリラックスしたり、勉強する環境を変えて集中するために図書館に行ったりしました。家でやる時とは違って、静かな雰囲気が集中するのにぴったりだったと思います。

Q3

先輩として、これから受験を迎える後輩にメッセージをお願いします

僕は受験生になっても全然焦りがなく、受験1ヶ月前くらいまで普通にゲームをしたりしていました。
でも、最終的には余裕がなくなりすごく焦って、最後は本当になんとか先生のおかげで間に合ったという感じです。こんな僕が言うのもなんですが、受験は絶対に計画的に進めていった方がいいと思います。あとで必死になってやっても間に合わないこともあるので、早め早めに行動することをおすすめします!

担当教師からのコメント

元々努力できるタイプですが、「やり方」がわかっていないというよくあるパターンでした。
なので、”ひろきくんにわかる”指導を意識し、ひろきくんが好きなサッカーやゲームの話を絡めて、ひろきくんにとって伝わりやすい伝え方を心がけました。
こうした指導の下、大きな変化が見られたのは学年末テストです。理科で100点を取り、お互いびっくりしました!このことが自信になったようで、より自分でメキメキと取り組むようになりました。このやる気と情熱を信じて、最後はあえて本人に”任せる”作戦を取ったことが、志望校合格へと繋がったと思っています。
ひろき、合格おめでとう!優しさを忘れず、感謝できる・される大人になってください!

保護者さまからのコメント

塾で成績が伸びず、思い切ってファミリーに切り替えてみましたが、正解でした。先生との相性も良く、趣味の話などでリラックスしながら勉強できたことも良かったと思います。
家族とも学校の先生とも違う、大人の先生と接することで話し方も変わっていき、大人びたというか、自分を持つようになったと感じています。
図書館に行って自分から勉強するようになったり、テスト前に自分でスイッチを入れられるようになったりと、嬉しい変化ばかりでした。
家庭教師はいいですよ!塾では成績が伸びなかったですが、1対1で親身に教えてくれることがすごく良かったです。

受験までの短期間で成績アップ!自力で解決する力がついて勉強する意欲が上がった!

自分のペースで勉強できて、志望校に合格できました!

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)