皆既月食


【第三十二夜】★皆既月食

こんにちは。家庭教師のファミリーの認定プロ教師伊井です。
1月31日の夜遅くから真夜中ごろにかけて、皆既月食が起こりますよ!今回は皆既月食の話をしますね。

以前にもお話ししましたが、「太陽→地球→月」と一直線に並ぶことで月食が起こります。
今回は特に、どの方向から見ても一直線に並ぶので、月が全て地球の日陰に入ります。この『月が全て地球の日陰に入る』ことを皆既月食と言うんですね!
部分月食と違って、満月の全面が特徴的な赤銅(しゃくどう)色に変わりますよ。

およそ半年前の8月8日にも部分月食がありましたね。
実は、太陽と月の動きの関係から、半年くらいに1回は月食があります。……「え?そんなにあった?」ですって?まあ、そうですよね。……正確に言い直すなら『半年くらいに1回は月食が起こっていて、地球のどこかからは見えます。』です。
日本から見えづらい月食や、欠ける部分が少ない部分月食などは、大きな話題にならないわけです。だから、あまり知られていないんですね。……ヒトって現金ですね。笑

さて今回の皆既月食は、1月31日午後8時48分ごろから欠け始めます。月が地球の影の中にすっぽり入るのは午後9時51分ごろから午後11時8分ごろまでの、およそ1時間20分間!
日をまたいだ、2月1日午前0時11分に現象が終わります。
晴れさえすれば、すごく条件の良い皆既月食ですので、防寒をしっかりしてチャレンジしてみましょう!
……全国的に私立高校の試験が近づいています。半年くらいに1回は月食がありますから、受験生の皆さんは優先順位をよく考えて行動してくださいね。笑

国立天文台のホームページには、今回の皆既月食についての詳しい説明が載っています。→