11/5(日)、家庭教師のファミリー苫小牧支部は苫小牧市民会館にて、学力テストC対策授業を開催いたしました!

数学は、「二乗に比例する関数」、理科は「身の回りの物質」の授業を、各100分で行いました。

数学の二乗に比例する関数は、定期テストの範囲にも含まれていることから、定期テストで出やすい箇所、学力テストで出やすい問題をそれぞれ説明しながら行いました。決められている出題パターンを押さえることから始め、最低限解けるようにしたい箇所を重点的に演習しました。この単元は苦手としている人が多く、今までは解けない問題だらけだった生徒さんも、講習を受けた後は解けるようになった、自信を持てるようになった!と言ってくれました。

理科の身の回りの物質は、押さえておくべきポイントを始めに確認し、その後演習を行いました。難しそうに見える長文の問題でも、基礎がわかっていれば解ける!ということが実感できる授業になりました。要点がまとめられたプリントは、講習後も繰り返し見返すことができ、たいへん嬉しいというお声をいただいています!

学力Cテスト本番、2学期期末テストと、大忙しの時期。ここが終われば、入試に向けての準備に力を入れる時期が待っています。
寒い日が続きますが、体調管理に気を遣いながら、1点でも多く点数を取れるようにがんばりましょう!私たちも全力でサポートいたします!

次回は、受験直前の2月に、入学試験対策授業を開催予定です。
内容や開催場所については、追ってご連絡させていただきます。

【家庭教師のファミリー苫小牧・室蘭支部】会場講習案内はこちら≫