先輩たちの成功体験談

5教科合計189点→449点!勉強のやり方や学習習慣が身についた!

中学生

こたろうくん(当時中学3年生)

Q1

ファミリーを始めたきっかけは?

1年生の期末テストで189点という低い点数でかなり落ち込み、「塾に行きたい」と親に相談しました。
はじめは塾で考えていましたが、近場の塾だと友達も通っていて学校と変わらないと思い、ネットで知ったファミリーに決めました。

Q2

入会してからの変化は?

こたろうくん:ファミリーの授業がない日も宿題が出るので、それを毎日やることでいつのまにか勉強する習慣が身についたと思います。自主的に勉強するようになって、勉強が楽しくなったし、友だちや妹にも時々勉強を教えるようになりました!

お父さま:ファミリーを始めて1か月後のテストでいつもの2倍近く点数を取れたことが自信になって、自主的に勉強する姿が見られるようになりました。平日部活で遅くなった日も帰ってきて机に向かったり、土日も部活終わりに出された宿題をこなすといった生活を入試まで継続できたことに成長を感じました。

Q3

受験に向けて、よかったことや失敗したことは?

お父さま:息子自信が行きたい高校を自分で選んで、私たちに意志表示をしてくれたこと。それに対して、先生も的確なアドバイスや夜遅くまで指導をしてくれたこと。
私たちも息子に対してはいつも通り接し、でも可能な限り要望を引き出し、聞くようにはしていたので、それが息抜きになったのかもしれません。

Q4

受験勉強で努力したこと、工夫したことは?

こたろうくん:頭の中だけで考えるとごちゃごちゃになるから、ノートにまとめること。あとは毎日出された宿題をきちんとやることを徹底していました。
受験勉強ばっかりだと煮詰まったり嫌になったりするので、気分転換にちょくちょく息抜きをしたのがよかったです。

お父さま:まずは挑戦してみる。それでだめだった時はやり方を変えてみる、など自分で考えて行動していたと思います。父親として「もう少し休んでは…」と思う時もありましたが、自分の目標に向かって貪欲に頑張る姿勢を見せてくれていました。

Q5

今後の目標とコメントをお願いします

こたろうくん:友だちをたくさん作って、楽しい高校生活にしたいです!
(これから受験を迎える後輩へ)出された宿題をきちんとこなして、とにかく頑張ってください!明日は我が身です。

お父さま:目標や結果を出すためにはちゃんとしたプロセスが必要なので、「継続する」という強い気持ちを持ってほしい。視野を広く持ち、他人の意見も素直に聞ける人間になってほしいと思います。
(受験生を持つ保護者さまへ)我が家は基本的には自主性を育てることを考えております。各家庭で育て方は色々だと思いますが、子どもが自信を持って前を向いて進めるよう見守ってあげてください。

担当教師からのコメント

基本的に真面目で、自分なりに勉強にも取り組んでいる様子でしたが、「できるまで反復する」という基本のやり方がわかっておらず、少し自己流のところがありました。
宿題を通して「勉強のやり方」を身につけさせること、点数が伸びない教科は具体的な改善策を考え実行していくこと、を意識して指導した結果、入会直前の定期テストでは5教科合計189点だったものが、入会して最初の定期テストでは309点と120点UP、最後のテストでは449点と5教科すべてで点数を上げることができました。
点数が上がったことが自信につながり、さらに積極的に勉強をするようになったと思います。
その後も、上手くいかない教科は「間違えたところをノートにまとめる」など、創意工夫も感じられるようになりました。
こたろうくんはこの受験を通して、目標に向かって自分で考え、頑張る力が身についたと思います!
これからもこたろうくんの夢に向かって頑張ってください!

授業の度に集中力や思考力がどんどん増して、5教科合計116点アップ!

受験までの短期間で成績アップ!自力で解決する力がついて勉強する意欲が上がった!

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)