先輩たちの成功体験談

自分から行動する勇気が持てるようになった。模試はB判定からS判定に!

中学生

たくみくん(当時中学3年生)

Q1

ファミリーを始めたきっかけは?

始める前は、勉強に全く力を入れていなかったので点数も特に気にしていませんでしたが、中学1年生の最後の期末テストで周りの友達との差がかなりあることに気付いて焦りました。このままじゃだめだと思い、自分から「家庭教師の先生に勉強を教えてもらいたい」と母に相談して、検索して見つけたファミリーにお願いすることにしました。

Q2

授業を受けてからの変化は?

例えば歴史を勉強するとき、今まではただワークを解いていただけだったけど、先生にノートの作り方を教えてもらってからは効果的にノートを活用できるようになりました。
具体的には、「答えを書くノート」と「見て覚えるノート」の2種類に分けて、見る用のノートは時代の流れやどの時代かの判別がすぐできるように視覚的にこだわってつくるようにしました。このやり方が自分に合っていて、ノートを作りながら覚えることもできたので、継続することができたと思います。
学校で習うところを先取りして教えてくれるので、授業にしっかりとついていくことができて、前は言われないとやらなかった勉強を自分からやるようになりました。

Q3

これからの目標は?

僕は将来大工になりたいので、高校ではそのための専門科目の勉強と主要科目の勉強を両立させられるように頑張っていきたいと思います。
僕が大工を志すようになったのは、大工さんが何日もかけて立派な家を建てる姿に憧れたからです。僕も人を幸せにできる大工になれるように頑張りたいです!

担当教師からのコメント

もともと真面目で、勉強に対する意欲もありました。しかし、入会直後は勉強のやり方がわからなかったために、結果に繋がらず自信をなくしているように見えました。新しいことに取り組む勇気も必要に思えたので、指導ではまず、自信を養うことから取り組んでいきました。
「自信はないけど解答を書き込めた」「問題文の重要なところに線が引けた」「根拠を説明できた」など、授業の中での勇気を出した行動すべてを受け入れ、肯定してあげたことで、徐々に自信を身につけてくれたと思います。
授業開始から1ヶ月ほどで、たくみくんから「今日はこの単元を勉強したい」と自分の希望を伝えてくるなどの主体的な行動が見られるようになり、自分から現状を変えていこうとする勇気も身についたのだと感じました。
まずは高校合格という目標達成おめでとう!
自信を手に入れたたくみなら、また次の目標を設定し、そこに向かう努力を続けることができると確信しています。Have an exciting life!

保護者さまからのコメント

ファミリーを始めて、「わからなかったことがわかるようになる」「解けなかった問題が解けるようになる」そういう楽しさに初めて気が付いたようで、自分がよく間違える問題や苦手なところを自分なりに分析して取り組むようになりました。
暗記が必要な教科の勉強も、ただ課題をこなすのではない学習に変わっていき、「勉強の仕方」をしっかりと教えていただいていると感じました。
初めて受けた模試で志望校はB判定でしたが、最後の模試ではS判定になり、わからないところを丁寧に教えていただいた結果だと感謝しています。
先生に教えていただいた勉強方法を忘れずに、高校でもしっかりと勉強に取り組んでほしいと思います。効率よく勉強し、友達ともたくさん遊んで、充実した高校生活を送ってほしいです。

自分のペースで勉強できて、志望校に合格できました!

なんでも相談できる、優しい先生に出会えてよかった!

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)

>