てんびん座のお話
【第十七夜】 ★てんびん座

こんにちは。家庭教師のファミリー認定プロ教師の伊井です。
今回は、てんびん座のお話をしますね!9月23日から10月23日生まれの人はてんびん座です。

理科で『上皿てんびん』って見たことありませんか?
てんびん座は、重さを比べる道具である天秤(てんびん)の星座です!神話上では、罪の重さを量るための天秤とされています。先々週のおとめ座のお話の時に、アストライアの天秤のお話が出てきたのを覚えていますか?そう、アストライアの天秤は、アストライアのおとめ座とは別に星座になっているのです。……ヒトに絶望したアストライアは、とうとう天秤を手放してしまったのでしょうか?実際に、おとめ座の絵を見ると天秤を持っていないことが多いです。

ちなみにその昔、てんびん座はお隣のさそり座の一部『サソリのハサミ』とされていました。 てんびん座をサソリのハサミとして見ると、片方のハサミが異常に大きくなり、まるでおとめ座をはさもうとしているように見えます。 もしかすると、さそり座に襲い掛かられているおとめ座を可哀想に思った誰かが、サソリのハサミをアストライアの天秤に変えてしまったのかもしれません。

さて、前も書いた通り天秤は、傾きによってどちらが重いかを調べる道具です。これは、心の動きや決定のイメージにも当てはまりますね!
皆さんの今の気分は?好調、不調?…夕飯は何が食べたい?肉、魚?…今度の3連休の予定は?どこか行く、家でまったり?
全てのことを2択にできる訳ではありませんが、天秤と言えはやっぱり2択のイメージです。 ……ところで、てんびん座は?天秤のまま、サソリのハサミ? いやいや、そこは天秤を選んであげてください!天秤がなくなると、比べられなくなっちゃいます!笑

では最後に、てんびん座の皆さんはこの期間にお誕生日ですね!おめでとうございます!