風邪を引いてしまったら・・・

雑学

2017.11.10

11月に入り、寒くなってきました。
寒くなってきたときに気を付けなければいけないのが風邪ですね。
そんな風邪にもしなってしまったときに食べたほうが良いものをご紹介します。風邪をひいたときに大事なのが、体が必要とする栄養素を補給するということです。
そうすることで抵抗力が上がり、早く治すことができます。1、果物でビタミンCを補給する
ビタミンCは体内の白血球の働きを促すと考えられている栄養素です。
風邪の時には体内でビタミンCが欠乏しやすくなりますから、積極的に補給することが大切。
ビタミンCが多い食べ物の代表は果物類です。
ただ、ビタミンCは一度に大量に摂取しても体外に排出されてしまいます。
そのため一日のうち何度か定期的に果物を食べた方が効果的です。2、緑黄色野菜でビタミンAを補給し抵抗力をアップ
ビタミンAは体内の免疫細胞の働きを活性化させてくれる栄養素です。
主に緑黄色野菜に多く含まれるので、風邪の時には色の濃い野菜を意識的に食べましょう。

3、体を温める食べ物
代表的なものが「ねぎ」や「しょうが」です。
しょうがや葱は体を体内から温め、免疫力を高めてくれます。
特に乾燥させたしょうがは体温を保持する効果が高いとされています。

もちろん、風邪をひかないために手洗いやうがいをすることが大事ですが、
もし風邪をひいてしまった…というときは
栄養をとってたくさん寝て、早く治しましょう!

 

【静岡県/沼津市】 家庭教師のファミリー沼津支部

教育情報コラム

【第二十二夜】 ★天王星

【第二十二夜】 ★天王星

ダイナミックなダイヤモンドの話

ダイナミックなダイヤモンドの話

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)

>
メルマガ登録キャンペーン メルマガ登録キャンペーン