家庭教師を解約したい場合に知っておきたいこと

家庭教師のこと

2019.02.21

川口 翔吾

こんにちは!家庭教師のファミリー学習アドバイザーの川口です。

 

「家庭教師をお願いしたいけど、もし合わなかったらすんなり解約できるのかしら?」

「今お願いしている家庭教師を解約したいけど、解約時のトラブルが心配…」

そんなご不安を感じる保護者さまもいらっしゃるかもしれません。

 

今回は家庭教師の解約についての基礎知識です。

中途解約における一般知識や家庭教師の契約・解約時によくあるお悩み、当社の対応などについてお話します。

 

 

 

 

家庭教師のクーリングオフや中途解約について

家庭教師は年単位で契約する方が多いと思いますが、合わない場合や不要になった場合は原則的にいつでも途中で解約することが可能です。

「解約できない」「中途解約に高額な違約金を請求される」などということは法律で禁止されています。

 

家庭教師は「特定継続的役務提供」という取引に当たります。

これは高額な費用で長期・継続的なサービス提供を行う契約のこと。

家庭教師以外にもエステや美容医療、学習塾など全7種別の取引が該当します。

 

特定継続的役務提供に該当する契約に関しては、クーリングオフが可能です。

 

 

クーリングオフ

・契約した日から8日以内であれば無条件で解約できる

・サービス提供を受けていない場合、解約にあたり違約金や解約金などは請求できない

 

クーリングオフ期間が過ぎてしまったり、サービス提供が始まってからの中途解約ももちろん可能です(ただし一定の条件下においては全額返金とならない場合もあります)。

 

高額な違約金の請求や支払い済み費用を一切返金しないのは法律違反です!

仮に契約書に「解約時には解約金〇〇円を支払う」と書いてあったとしても、法律で決まっている一定額以上は請求してはいけない決まりなのです。

 

 

 

 

消費者センターに寄せられる家庭教師解約時のお悩み

しかし残念ながら一部不誠実な業者がいることも事実で、家庭教師の解約時にトラブルに見舞われることもあります。

消費者センターへ寄せられることの多いお悩み事例をご紹介します。

もしもトラブルになってしまった場合は、消費者センターなど専門家に相談しましょう。

 

 

クーリングオフを拒否された

クーリングオフは訪問販売に対する制度だと思っている方が多いようです。

例えば「自分で問い合わせをして申し込みをしたので訪問販売には当たらない。だからクーリングオフの対象ではない」と業者に主張され、クーリングオフを拒否されるケースがありましたが、この場合も泣き寝入りする必要はありません。

 

家庭教師契約は特定継続的役務提供取引に該当するので、販売方法に関わらず契約から8日以内であればクーリングオフが可能です。

 

 

解約時に高額な解約金を請求された

家庭教師契約は特定継続的役務提供取引ですので、中途解約で業者が請求できる費用について法律で上限が規定されています。

規定額を差し引いた支払い済み費用を返金しない、高額の解約金がかかるのは法律違反です。

 

サービス提供前であれば損害賠償の上限は2万円。

サービス提供後であれば受けたサービスの対価相当額+5万円または1ヶ月の授業料のいずれか低い額となります。

(例えば1ヵ月利用してみて解約をしたい場合「1ヵ月目の授業料+5万円 or 1ヵ月分の授業料のいずれか」を支払えば解約できることになります)。

 

それ以上の金額をすでに支払っている場合は返金の対象となります。

 

 

解約はできたが高額な教材費が返金されなかった

「教材購入が受講の条件」と言われて授業料とは別に高額な教材を購入し、未使用にも関わらず教材費が返金されないというケースも残念ながら少なくありません。

特定継続的役務提供取引に付随して「必要」と言われて購入した商品については「関連商品」として主契約と同等に扱われることになっており、もし使用していないなら返金の対象になります。

 

※家庭教師のファミリーでは、必ず購入いただく教材はありません。学校・市販ワークなど、お手持ちの教材を用いての指導も可能です。

 

 

 

 

家庭教師のファミリーの対応について

パソコンで営業マンの説明を受ける家族

私たち家庭教師のファミリーでは、契約・解約時もご安心いただける丁寧な対応を心がけています。

 

契約にかかる費用は授業料のみで、入会金や管理費・教材費などはかかりません。

「高額な教材を購入しないと授業が受けられない」なんてことはもちろんありません!(ご希望の場合は別途教材を購入することも可能です)

 

契約前に無料体験授業を受講していただくことも可能ですし、もしも入会から1ヶ月の間にご満足いただけず解約される場合は、授業料を全額返金いたします。

 

また「先生と相性が合わない……」なんてことがないように、指導開始前に専門スタッフがご希望の条件やお子さまの学習状況・性格などあらゆる点をヒアリング、考慮したうえで担当教師を決定します。

万が一教師が合わない場合は、無料でいつでも交代可能です。

 

時には、進級などで生活パターンが変わることもありますよね。

ファミリーでは、サポート本部を設けておりますので、例えば「部活が忙しくて時間が取りづらくなってきた…」といった場合、部活の予定に合わせて週や月の指導回数を調整し、テスト前に集中して取り組めるようにするなど、プランの再設定・調整もご提案いたします!

 

また、担当教師に直接言いづらいご要望やご不満も、サポート本部がご家族と担当教師のパイプ役となって対応しますので、いつでもお気軽にご相談ください。

わかりやすい料金体系と丁寧な対応を心がけていますので、安心してご利用いただけます!

 

 

 

 

家庭教師の解約に対する不安を解消し、安心して学習指導を受けるために

家庭教師の解約時に「解約できない」「高額な解約金を請求された」「使用していない高額な教材費の返金がされない」などといったトラブルを耳にします。

 

家庭教師の契約は「特定継続的役務提供取引」です。

契約から8日以内であればクーリングオフが可能で、それ以降も解約にあたって一定の金額以上は請求してはいけないと法律で定められています。

もしもトラブルになってしまった場合は、消費者センターなど専門家に相談しましょう。

 

家庭教師のファミリーでは入会に必要な費用は授業料のみ。入会金や管理費・教材費などはかかりません。お支払いいただくのは実施した分の授業料のみで、過払金がある場合は全額返金いたします。

 

サポート本部も設けてきめ細かい対応を心がけておりますので、ぜひ安心してお問合せください。

 

 

 

 

著者川口 翔吾

認定プロ教師・学習アドバイザーとしての長年の経験と知識に裏打ちされた、生徒思いで説得力のある提案・指導が持ち味。彼に「大丈夫!」と言われると、不思議な安堵感があるとか…。社内では子煩悩なパパとして有名。

勉強における効果的な息抜き方法!集中力を高める息抜きとは?

勉強における効果的な息抜き方法!集中力を高める息抜きとは?

家庭教師でおすすめの資料請求方法!まとめて請求はデメリットも

家庭教師でおすすめの資料請求方法!まとめて請求はデメリットも

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)

メルマガ登録キャンペーン

閉じる