家庭教師にお菓子やお茶は出す?その疑問を解決!

家庭教師のこと

2021.03.25

認定プロ教師

こんにちは!家庭教師のファミリーです。

 

基本的に自宅で学習を行う家庭教師ですが、学習中に家族が家にいるケースも多く、家庭教師に対して「お茶などを出してもてなしたい」というご家族の声も耳にします。

 

また、子ども部屋で学習する場合には状況を確認したいということで、お菓子やお茶の差し入れをする方もいると思います。

 

ここで気になるのが「そもそもお菓子やお茶の差し入れは必要なのか・行ってよいのか」という点ですよね。

 

今回は、そんなご家族の疑問にお答えします。

 

 

 

 

 

家庭教師にお菓子やお茶は出すべき?

結論から申し上げると、「お菓子やお茶は出さなくても大丈夫」です。

 

そもそも家庭教師はお子さまの学習指導のために訪問し、契約内容と指導内容に応じて授業料として対価を頂いております。

お菓子やお茶がないからといって家庭教師のモチベーションが下がることもありません。

 

また、授業時間自体が短めのカリキュラムで休憩時間を設けていない場合、ご家族が入室することで授業のリズムが崩れてしまうこともあります。

 

お子さまの集中力を逸らさないためにも、途中で入室を行うような差し入れはなくてOKと考えていただいて良いでしょう。

 

しかし、真夏の暑い日や冬の暖房で乾燥した環境などでは、家庭教師・お子さま双方に水分補給ができるとありがたいケースもあるのは事実です。

 

実際に家庭教師へのおもてなしという側面だけでなく、お子さまの水分補給の一環で、気分をリフレッシュできる効果も含めてお茶の差し入れを行っているご家庭は多いようです。

 

いずれにしても差し入れは行わなくても気になりませんし、必要に応じて差し入れをするのであれば過剰なお気遣いにならない範囲で行っていただければと思います。

 

 

 

 

家庭教師へのお菓子やお茶はどんなものが良い?

基本的には家庭教師への差し入れは必要ありませんが、ご家庭によってはおもてなししたいとなることもありますよね。

 

もしお菓子や飲み物を差し入れする場合はどんなものが良さそうか、参考にご紹介します。

 

 

 

お菓子

アレルギーなどを気にしなくても良いと言うことであれば、こちらをポイントに選んでみてはいかがでしょうか。

 

・短時間で食べられるもの
・水分を吸収しすぎないもの
・食べにくくないもの

 

例えば、小さなケーキやしっとり食感のクッキーなどが挙げられます。

一口で食べられるチョコレートなども嬉しいという声があります。

 

一方、こぼれて食べにくいなどの懸念点もありますので、パイ生地やミルフィーユなどは避けたほうが良さそうです。

 

あくまで授業の合間に軽く小腹を埋める程度と思っていただくと、ご負担に思うことも少なくなると思います。

 

 

 

飲み物

こちらも好みが分かれますが、水分補給の観点から考えると、コーヒーや紅茶よりも日本茶や烏龍茶などを選択される方が多いようです。

 

その場で出されるのであれば、トイレに行きたくなる心配の少ないカップ一杯程度にしておくのがおすすめ。

 

また、ペットボトルのお茶であれば余ったときに持ち帰ることもできます。

必要量を家庭教師自身で決められるのでありがたい、と思う人が多いようです。

 

 

 

 

 

家庭教師へお菓子やお茶を出すタイミングはいつがいい?

コーヒーを運ぶ女性

お菓子やお茶を出すタイミングはいつが良いのでしょうか?

まず、基本的には授業中は避けたいところです。

 

お茶などの飲み物のみ出される場合は、授業の前がベストです。

授業の邪魔をせず、リラックスして授業を始められます。

 

また、2コマ以上のカリキュラムがあったり、お菓子の差し入れがある場合は、その休憩時間も候補に入れても良いでしょう。

 

ひとときの休憩をはさんで次の授業に向けてリセットできますし、夕食の前に授業があり小腹がすいているときには集中力が増す効果もあります。

 

一方授業後は、家庭教師とお子さまのコミュニケーションの時間であったり、授業の内容を整頓する時間であったりもします。

 

事前にご家族が授業の進捗についてお話を伺いたいという場合を除き、時間が過ぎてしまう可能性も考慮して避けるほうが無難でしょう。

 

 

 

 

家庭教師へのお菓子は気にしなくてOK!お茶はありがたいときも

家庭教師へのお菓子・お茶などは基本的に出さなくても問題ありません。

 

とはいえ、ご家族の中には気持ちよく授業を進めてもらうためにおもてなししたいと考えるお気持ちもあるかと思います。

 

また、近年天候が目まぐるしく変わりやすく、授業で話すと家庭教師・お子さま共にのどが渇いてしまう可能性もあります。

 

そんなときは、ささやかなお菓子とお茶などを差し入れしていただくとありがたいときもあるでしょう。

 

いずれにしてもご家族・家庭教師・お子さまで日々コミュニケーションをとりつつベストなパターンを見つけていただければ幸いです。

 

家庭教師のことなら、ファミリーへお気軽にご相談くださいね。

 

著者認定プロ教師

大学生の家庭教師が主流の中、顧客からのより専門的で高度な要求に応えるため、教師のプロフェッショナルとして、質の高い授業を提供。

常にハイレベルな授業を提供できるように、日々指導法や教材の研究等を行い、また、大学生や一般の家庭教師に対して研修や授業のアドバイスを行うことで、ファミリー全体の授業スキルの向上を図っています。

集中力を高める食事はこれ!試験前におすすめな栄養や食べ方

集中力を高める食事はこれ!試験前におすすめな栄養や食べ方

大学・短大・専門学校の違いを詳しく!各メリット・デメリットは?

大学・短大・専門学校の違いを詳しく!各メリット・デメリットは?

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル

0120-764-333

10:00〜21:00
(日祝休み)

>